媚薬の個人購入

人々が一般な薬品を購入するとき、だいたい二つの購入方法があります。すなわち、病院で医師からの処方箋によって薬品を購入します。また、自分が医薬品を売る実体店で買います。しかし、媚薬そのものの特徴で一般的に人々はインタネットの媚薬通販サイトで媚薬を購入します。それらの通販サイトは国内サイトもあれば、国外サイトもあります。

 

医師からの処方箋を持ってなくて、自分が薬品を購入することは個人購入と言われています。医師からの処方箋によって薬品を購入することより、個人購入のリスクがもっと高いと思われています。なぜなら、一つは個人体質の違いによって過敏症や副作用が出てくる可能性があり、また、もう一つは偽物が多いので、油断するなら、偽物を購入しやすいからです。

 

日本製の健康食品、サプリメントで使われている成分は厚生労働省の厳しい審査をパスしていないと販売できません。一方、個人輸入などで購入する海外製のものには注意が必要です。日本国内では認可されていない成分や、医薬品が混ざっているものが多く見受けられるからです。結果、めまい、はきけ、頭痛、体重低下、かゆみなどの副作用の被害報告も多発しています。

 

だから、個人購入の場合、いろいろな注意点を重視しなければなりません。特に自分がほかの病気を患って医薬品を服用しているなら、医者さんと相談する必要があります。また、絶対安いので、状況不明の媚薬を買わないでください。ぜひ正式な実体店とサイトで購入してください。