媚薬種類について紹介

皆さん、媚薬ということを聞きますか?媚薬とは、催淫剤とも呼ばれます。女性の性的興奮を促したり感度を上げたりする薬のことを言います。

媚薬についての歴史は古く、古代ローマ時代やギリシャ時代の頃には存在が確認されていて、この時代ではトカゲなどを原料に作られていたと言われています。

日本では江戸時代の頃には「長命丸」という媚薬があったという記録もあり、長命丸はヒキガエルの粘液やアヘンを原料に作られていたそうです。

ここで媚薬種類について知っておきましょう。

催淫剤
催淫剤は性欲を亢進させる薬です。主に男性の精力減退の治療に用いられまた勃起を促す作用を持つことです。女性の場合はFLY D5原液などが知られています。

性ホルモン剤
アンドロゲン、エストロゲンなどのステロイドホルモン製剤の一部に、性器の発達を促す作用があり、性欲増進に効果があるとされます。

勃起機能改善薬
ヒンビンやストリキニーネなど、性器の充血を昂進させる作用を持つ薬。市販薬では、バイアグラが著名で類似した薬も多く売られています。

刺激性物質
経口摂取、または注射により尿内に残留し、尿路から性器を刺激します。多量に摂ると、毒になる物質にこの作用が見られることがあります。

女性潤滑剤
水溶性の潤滑ゼリーで、セックスくを満足させることを前提に作られたゼリーです。そして、膣内の潤い不足改善です。

民間の伝承薬
漢方薬や生薬といった、口伝や経験則によって効能や有効成分が認められている薬です。または、感応呪術による性器食です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です